死亡慰謝料の計算

電卓交通事故にあって亡くなってしまうのは、非常に痛ましい事態となってしまうでしょう。亡くなってしまったことは、取り返しがつかない事態です。この状況に対して、慰謝料を支払うことになりますが、被害者である本人はなくなっています。その代りに、遺族が相続者ということで受け取ることになるところが特殊なポイントになるでしょう。被害者の精神的・肉体的な苦痛を相続できると考えると、かなり特殊な扱いになってくることも間違いありません。

この死亡慰謝料に関しては算定基準が大きな差になって表れる部分です。自賠責基準では、一家の支柱であっても350万円しかおりません。これでは、あまりに損害に見合わない部分となるでしょう。これが、任意保険基準であっても、1500万円から2000万円程度です。ところが、弁護士や裁判所の基準では、2800万円から3600万円程度にまで上がります。全く異なる基準で計算することになるでしょう。これだけ大きな差がつくことを考えると、自分で交渉することにメリットはありません。

交通事故の慰謝料は交渉次第で大きく変化していきます。ある程度の基礎算定基準があるとしても、だれが交渉するのかが重要です。自分自身ではなく、弁護士が交渉することによって、大きな金額にすることもできることはメリットになるでしょう。


**関連記事**


入通院と後遺障害

交通事故における慰謝料には、いくつかの種類があります。精神的・肉体的苦痛に対する損害賠償であるということがポイントになってきます。実際に大きな金額になるものであり、損害賠償請求をするうえでも、メインともなってくる部分です。交渉を考えても、難航しやすい部分といえるでしょう。

松葉づえ交通事故によって入院してしまったときに請求することになるのが、入通院慰謝料です。医者に治療に通っているときにも発生することになります。計算式には2つあり、治療期間と実通院日数の2つがありますが、この2つのうち、日数が少ない方を採用することが基本です。入院期間に対して通院期間や実通院日数を計算していくことになりますが、4200円を掛けることで計算が可能です。

後遺障害慰謝料は、交通事故によって後遺症が出てしまうような状況になった場合、この慰謝料を計算していくことになります。等級によって変わってくることになりますが、保険会社のもつ任意基準と比べると、弁護士や裁判での基準は、はるかに高額になってくることがポイントになるでしょう。3倍近い開きにもなることがあるため、弁護士に相談しながら、交渉を考えていかなければいけないポイントです。


**関連記事**


交通事故の慰謝料

事故交通事故の被害者になってしまうと、さまざまな問題が出てきます。体にもダメージが出てしまうことにもなりますし、財産にも損害が出ることもあるでしょう。どういったものにせよ、事故に遭わなければ、こうした損害は発生しません。そこで、慰謝料請求も考えていくことになります。交通事故に遭ったときには、さまざま請求を考えていくことになるでしょう。そのひとつとして、精神的・肉体的なダメージに対する賠償として、慰謝料を考えていくことになります

慰謝料とひと口にいっても、単純にまとめることができるわけではありません。精神的、肉体的な苦痛に対する損害であることは、単純に金額にしにくい部分があります。損害賠償請求の中のひとつでもあることから、基準も設けられてはいますが、それが妥当なものなのかを判断していかなければいけません。これを素人が判断することは、大変難しいことになるでしょう。

物損事故に関しては、慰謝料は発生することがありません。怪我をしていても、物損事故になっていれば、慰謝料請求ができないことも覚えておかなければいけないポイントです。こうした判断は、容易にできることではなく、知識があってはじめて対応することができるでしょう。いろいろな慰謝料もありますので、まずは弁護士に相談することを考えていく必要があります。相談する場合にも、最低限の知識を身につけておくことは、打ち合わせもスムーズに進めていくことができるようになるでしょう。


**関連記事**