入通院と後遺障害

交通事故における慰謝料には、いくつかの種類があります。精神的・肉体的苦痛に対する損害賠償であるということがポイントになってきます。実際に大きな金額になるものであり、損害賠償請求をするうえでも、メインともなってくる部分です。交渉を考えても、難航しやすい部分といえるでしょう。

松葉づえ交通事故によって入院してしまったときに請求することになるのが、入通院慰謝料です。医者に治療に通っているときにも発生することになります。計算式には2つあり、治療期間と実通院日数の2つがありますが、この2つのうち、日数が少ない方を採用することが基本です。入院期間に対して通院期間や実通院日数を計算していくことになりますが、4200円を掛けることで計算が可能です。

後遺障害慰謝料は、交通事故によって後遺症が出てしまうような状況になった場合、この慰謝料を計算していくことになります。等級によって変わってくることになりますが、保険会社のもつ任意基準と比べると、弁護士や裁判での基準は、はるかに高額になってくることがポイントになるでしょう。3倍近い開きにもなることがあるため、弁護士に相談しながら、交渉を考えていかなければいけないポイントです。


**関連記事**